20190611-eldenring-01

1:
フロム・ソフトウェア新作『Elden Ring』のキャラクターや物語を創作するファンの動きが活発。未発売ながら情報に飢えし者たちがボスランキングまで自作

フロム・ソフトウェアの新作として2019年6月に発表されたファンタジー・アクションRPG『Elden Ring(エルデンリング)』。『ダークソウル』シリーズや『ブラッドボーン』『
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のディレクター宮崎英高氏と、「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説「氷と炎の歌(A Song of Ice and Fire)」で知られる作家
George R. R. Martin氏がタッグを組んだことで話題を呼んだ。

フロム・ソフトウェアにとって過去最大のプロジェクトであることや、オープンワールド形式を採用すること、プレイヤーが困難を乗り越えていくことに喜びを覚える
「フロムライク」なゲームであることなど、発表当時に断片的な情報が明かされたものの、その後は目立った新情報は公開されていない(関連記事)。
そこで、現時点で公開されている限られた情報をもとに、ファンが自分で創作物を生み出し披露する動きが活発化している。情報に飢えたならば、自分で作り出せばよいのだ。
昨年11月の時点で海外メディアのPolygonが動向を察知しており、今年3月に入りVG247が続報を伝えている。

フロム・ソフトウェア作品の特徴のひとつは、アイテム説明文やNPCの台詞など断片的な情報を繋ぎ合わせていくことで全体図を掴むナラティブ構造。
ファンは断片的な情報しか与えられないことや、些細なヒントにまで目をこらすことに慣れている。データマイニングによる没コンテンツの発掘に力を入れるユーザーが多いのには、
フロム・ソフトウェアの世界観構築方法の影響が少なからずあるだろう。そして『Elden Ring』のファン創作の動きを見るに、断片的な情報から空想を膨らませる力に
長けたファンも多いようだ。


ファンによる独自解釈の産物は、『Elden Ring』のsubredditにて確認できる。投稿者が読んだ小説の一節を「もしもこれが『Elden Ring』での出来事だったら」と再解釈するケースや、
もう『Elden Ring』は発売されており何度か周回したという妄想にもとづく「強ボスランキング」を披露する者など。情報の枯渇がファンの想像力をフル回転させている。
コメント欄では、「そのボスの評価には同意しかねる」「私なら◯◯をランキングに入れるよ。なぜなら~~」「△△のアイテム説明文を読んでみると~~」といったように、
スレッド主の空想文をさらに膨らませていくような返答が見られ、いつの間にかファンメイドの『Elden Ring』観が広がりつつある。

最近では、「クリムゾン聖堂の地下に眠っていた紅の剣を使うことで、傷ついた巨人と会話する場面を描いてみた」という、存在しない設定の二次創作投稿も見られる。
コメント欄では「これって、紅の王の宮廷に入る前の場面だっけ?」「ボス戦になると思って、一瞬めちゃくちゃ怖くなったのを覚えているよ。
彼がフレンドリーなやつでよかった」「傷ついた巨人のデザインは一目見ただけで気にいったよ。彼の声もいいよね。妖王オスロエス(『ダークソウル3』のボス)の声を彷彿とさせるよ」と、
『Elden Ring』はすでに発売されているというフィクションに乗っかりながらも、ゲーム内の様子をイメージしやすくなるような追加情報が足されていっている。

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200311-116415/
https://youtu.be/l88rT4e3kIM



スポンサーリンク


3:
もうフロムは宗教だな


5:
早く発売してほしいが納期のデーモンに負けて雑な部分が出るのも嫌だし徹底的に作り込んでから発売してほしい
まあ宮崎が前にソウルシリーズが成功したのは納期に追い込まれたおかげだって言ってたから何とも微妙なところだけど


7:
ダクソ難民は仁王2にいくよ
待ってろよ


10:
>>7
パクリゲーの名前出すなよ汚らわしい


8:
かなりしっかり考察してて草


9:
E3の中止って現地イベントだけで中身はストリーミングに移行すんのかな
だとしたら新しいトレーラーも期待するんだが


11:
ダークソウルには寄せなさそう


12:
最初の発表から全然続報ねえから早く出せとは思うけど
SEKIROって去年出たばかりなんだよな
毎年大型ゲームなんて作る体力なんてゲーム会社にはねえだろ


引用元:http:2ch.sc