no title


313:
竜咳について 
竜胤(りゅういん)の力をもつ狼が死を重ねると「竜咳」と呼ばれる病が世に振り撒かれる。 

狼が関わった誰かが、竜咳にかかると「咳の音」というアイテムを所持する。 

「咳の音」を多く所持すればするほど、冥助確率が低くなる。 

まとめ 
主人公が回生を全て使いきり死ぬ度に 
世界に咳が蔓延してNPCの生死に関わっていく 

冥助について 
通常は主人公が死ぬと「経験値」と「銭」を失うデスペナルティがある。 
しかし、「冥助」というシステムがあり「冥助」が発動することで本当の死を迎えた際の「経験値」と「銭」のロストが無くなる 

冥助ゲージの変動 
「冥助」は、竜咳を患っている人が増える度に所持することになる「咳の音」が多ければ多いほど、冥助の確率が低くなっていく


スポンサーリンク



314:
>>313
エマちゃんとかが竜咳治せるアイテムくれるも追加


317:
>>313
これってどのNPCが咳状態かってどこかで判別できるの?


318:
>>317
はい、分かります。
咳の音は、公式動画などから確認出来るものだと、2種類(二人のNPCの咳の音)が存在する。
この2種類の説明文も公開されているが、それを書き込むとネタバレ!と言う方がいらっしゃいますので各々が調べて下さい。

書き込んでもよければ説明書きます。


319:
>>317
専用台詞になるのと、「咳の音・仏師」みたいな感じで名前ついてる


320:
成る程それなら治療もしやすそうだ


322:
初周は治療アイテムも尽きて咳労になりそうだわw


334:
あ。
竜咳を治療するアイテムの使用方法は、神仏から行えます


336:
回生を選択せずに死んでれば竜咳起きない&竜咳治療アイテムもらえるのかな


345:
>>336
竜咳の発生条件について
本当の死を何度も繰り返したとき。と書いてしまったのですが、
正しくは、回生後、本当の死を迎えた場合です。

回生をせずに死ねば、竜咳は起きません。

治療アイテムを渡される条件は
回生しつつ死んだ回数が○回or誰かが竜咳を罹った場合かと思われます。


347:
>>345
なるほど・・・難易度の上げ方が選択式ですね・・・


348:
>>345
まじかよ、そんなら個数調整楽じゃん
フロムのくせに優しいな


419:
>>345
要は道中はやられそうなら回生一回残して逃げて逃げるのが無理なボス戦は回生使わんきゃええのね


428:
>>419
おっしゃる通りです。
ボスの体幹ミリ残しやゴリ押せば行ける時は回生しちゃってもアリですね。

ボスから遠くない距離に神仏があるエリアが基本多いので、無駄に回生使い死ぬリスクを背負うよりは、ボスの攻撃を完全に読み切れるまでトライアルアンドエラーしていくのも良いですね。

MOBの種類にもよりますが、序盤のMOBは見つかっても敵の視線から隠れて草むらなどでしゃがめば見失うの早いです。


337:
確認されている咳の音

・咳の音・仏彫る者
・咳の音・案じる老婆

アイテムの説明文は省きます。


342:
>>337
やっぱNPCイベ選択とか咳失敗したら別の周でやり直すしかない感じかね


351:
回生をせずに死ねば、竜咳は広まりませんが
確定で所持している銭と経験値が半分になるデフペナルティがあります。

回生して死んだ場合も同じです。
銭、経験値半分+竜咳が蔓延


357:
懸念すべき点は

回生を使い切って本当の死を迎えた際に
これまで出逢ったNPC全員に竜の咳が振り撒かれるのか、それともランダムで出逢ったNPC一体に振り撒かれるのか。です。

そして、竜咳回復アイテムを使用した時に
咳持ちのNPC全員が一度に治るのか
それとも、所持している咳の音から一人分選択するのか。です。

竜咳回復アイテムが有限だとするなら、よく考えて使用した方が良いかもですね。








引用元:http:2ch.sc