no title


1:
ちがう?


スポンサーリンク


2:
まあそう


3:
大まかに言うとあってる


4:
厳密に言うと違うんか


7:
大まかに言うと合ってる
でもダークソウルの世界は主人公のストーリーだけではない


8:
なにそれ難しいな


9:
燃料にならないパターンもある


10:
なんで1でスモウとオーンスタイン倒したのに3で生きてたの
時空歪んでるってことでおけ?


12:
>>10
オンスタは2にもそっくりさんおったし本人か分からん


13:
>>10
ソウルワールドは並行世界が無数にあって交差してるし時空もぐっちゃぐっちゃなので
その辺はよく考えなくていいのだ


14:
>>10
あれなんでなんだろうな
ダクソ3はパラレルワールドでないのが蜘蛛姫の呪術書かなんかで確定してた覚えがあるが
エルドリッチはニトのけん属としてオンスモが生きてるのは無印主人公は二人にソウルを返したんじゃないか?


11:
1 火の生まれ
この段階では世界は石に覆われていて その世界は古竜が支配していた 古竜は不死身でありそれに怯えながら石の陰に竜より弱い生き物が隠れて住んでいた
そこにある日突然その世界のどこかで火がついた 小さな者はその火で温まろうと集い身を寄せ集めた

書き起こすと長いけどストーリー考察すごく面白いよ


15:
王がもう人間性無くしてきて世界の秩序ももう長くない

王「世に混沌が訪れちゃうから代わりの奴呼んでケロ~」
蛇1「分かった」蛇2「…」

王「とりあえず薪になれるほどの器を持ってるか試すから上下の鐘鳴らしたものに使命与えてケロ~」
蛇1「分かった」

主人公「鐘鳴らした」
蛇1「薪になってくれ、そのために昔王が与えたソウルを回収してきてくれ」
主人公「分かった」

主人公「3匹倒してやっとハム倒した」
or
蛇2「ククク…薪にならないで混沌を楽しもうぜ」
主人公「分かった」→分岐

主人公「器にソウル捧げて王倒したわ。俺が薪になる」
蛇1「ありがとう!」→ed1

※分岐した場合
主人公「器にソウル捧げて王倒したわ。薪にはならないでこの世界の王になるわ」
蛇2「おお我が主人よ…」→ep2

これであってる?


18:
>>15
主人公の時代の前後は俺もこうだと思ってる


19:
>>15
最初の時点で違う
王に人間性はない


22:
>>19
人間性ではないな ソウルではあるが
人間性はダークソウルを拾った最初の小人の末裔のみが持つことができる闇の魂でダークソウルはグウィンなどの神属性にとって最大の驚異である


25:
>>22
王のソウルとダークソウルは対を成す関係だからな
どっちかが強まればどっちかが弱まる


30:
>>25
何より最初の火とは不思議な物よな
最初の火は王たちのソウルを返した後もまだまだソウルを求めてソウルを燃やし続けないと世界はまた闇に包まれる だがダークソウルが力を得るのにソウルはいらない ただ最初の火が弱まるとその力が強まる
こんなの最初の火が生まれた地点でまたやがて必ず火は消える無理ゲーだし そして最初の火が生まれるまで世界真っ暗なのにダークソウルもなかった
つまりうーんよくわからん


46:
>>30
最初の火が生まれるまでは世界は闇ってより灰色だったような
最初の火が生まれたせいで差異ができたから、王のソウルもダークソウルも生まれた


48:
>>46
じゃあ火が消えたらダークソウルも消えるの?


50:
>>48
いや、逆にダークソウルが強くなる
火が消えても差異は無くならない


55:
>>48
火が完全に消えると神の時代が終わりを告げるんじゃなかったか?
だからほんとの人間=亡者なんじゃないっけな


52:
>>46
そうだ「灰色」だ 白でも黒でもない灰色の世界ってのもあったな
でも最初の火 が生まれた地点では王や神側が有利すぎるし時間が経てばやがて必ず火が弱まりダークソウルが有利すぎる
最初の火が創造神だとしたらこの世界は設計ミスすぎる


16:
パラレルワールドで繋がってる…?
だからマルチで他の奴を召喚できたりするってこと?


17:
いや難しいわ なんか不思議なゲームだな


20:
>>17
続編では死んだ奴はなんか生きてるでいいよ
2の世界なんて無印とストーリー全然関係ないけど無印の続きの3で装備出てくるし
まあつまりこまけえこたあ良いんだよ理論でもある


26:
ダクソって壮大に見えてかなり世界観狭いよな
街が街として機能してないから名前だけの王のドロップアイテム集めるだけだし
世界情勢みたいなのが存在しない


27:
ダークソウルにビビったグウィンたち神族は人間性が溢れないように人間に呪いのようなもので封をした
そのせいで始まりの火が陰りだしてダークソウルが強まった時に人が人でない亡者になってしまう
つまりグウィンはクソ
知らんけど


31:
>>27
神族が小人に呪いで封をしたなんて設定あったっけ?
公王に王のソウル与えて支配下に置いたくらいだと思ってた


39:
>>31
呪いかどうかは知らんけどグウィンの娘のフィリアノールを最初の小人に渡して最初の小人を隠したりペットのドラゴンにひたすら深淵から出る人間性を食べさせてダークソウルを押さえさせたりはしたな
それが最初の火に関わってくるかは不明


44:
>>31
輪の騎士装備の説明文に「持ち主たちと同様に神々の火の封を施された」と書いてある
輪の騎士にはでっかいダークリングがある
ダークリングの火の輪が無い版みたいな暗い穴からは人間性が溢れ出し呪いが溜まっていくとある


56:
>>44
つまり、小人に王のソウルを与えてダークソウルを押さえつけたのを封って表現してるのか


62:
>>56
溢れていく人間性を火の輪が焼いてる


66:
>>62
これら考えたこと無かったわ 面白いな
ダークソウルの闇パワーを王たちの神パワーによる火で燃やしてたら火が足りなくなった(ざっくり解釈)か
これも面白そう


72:
>>66
グウィン以外の神族が火継ぎに行かなかったりはじまりの火の子分的存在と思われる篝火に人間性や不死人の骨を焚べると火が強くなったりする事からはじまりの火の薪には強大なソウルだけでなく人間性も必要なんだと思ってる
つまり人間性が火の燃料


85:
>>72
人間性が燃料って凄くしっくりきたわ


100:
>>85
なるほどすげーな
もしかしてあの世界ではソウル燃やすばかりでなくダークソウルと神属性のソウルをいい具合に燃やしていくことで共存もありえたかもしれないのか
しかしグウィンはダークソウルを拒み蓋をしてやがて火は弱まり滅びる

グウィンが神ひいきをせずにダークソウルを認めて良い感じで闇の勢力と光の勢力でダクソと王ソウルを最初の火の燃料にし続ければ世界はいつまでも続いたかも知れねえ
これもしかしたら開発の構想の中に入ってるかもしれないな


37:
3にオンスモいたっけ
装備は手に入るけど


42:
>>37
オンスモは3でも二人でアノロンを守っていたが自分の時代を目指して全てを喰らい王にもなろうとしたエルドリッチに攻撃を受けて攻防中にオンスタはなぜか離脱してスモウも死亡 エルドリッチはサリヴァーンに騙されてそのまま薪の王へ
オンスタは実は無名の王に助けを求めて古竜の頂にいってたけど普通に負けて殺されてる


40:
燃料だったソウルを持っていかれたからちょっとずつ弱まっていったんじゃないか
そんで完全な王のソウルを戻さないとまたちょっとずつ弱まっていくとか


47:
>>40
完全な王のソウル がつまりニト イザリス グウィンのソウルとグウィンが分けたシースと公王のソウルだとしたら無印の地点でもう返してるはず
でもそれからも何度も何度もソウルを集めた者が火を継いでいかないと世界は維持できなくてそれらをかき集めてもだんだんと火は弱まっていって3の世界だからな
最初の火とはつまりなんなのだろうか


43:
基本的に得られる情報は主人公自身が又聞きした真偽定かじゃない伝聞や
現地で個人レベルで見たり体験した断片的なものに限られてるけど
そういう情報制限が妙な現実味というか深みを醸すところはある
そりゃ図書館もインターネットも無い環境じゃ世界の全貌なんて把握できるわけないよねっていう


73:
他の奴らともかくなんでニトをわざわざ殺す必要があったのか未だに分からん
ソウルは譲渡できるものって認識されてる世界ならニト襲ってくる意味ないんじゃねえのか
グウィンみたいに枯れかけてる自分殺せないようじゃ火継ぎになれんみたいな試練的な意味も説明もないし


75:
>>73
ニート「王のソウル返したらアホ共から死の瞳搾取できなくて引きこもれなくなるから返さない」
こんな理由だろ


77:
>>73
ソウル返す気がなかったんだろ
返せるなら最初のグウィンの時に返してる気がするわ


83:
>>77
火が永遠じゃない騒動の時に何もしてなかったから不思議だったんだよな
イザリスの魔女やグウィンみたいに工夫しようとすらしなかったし


76:
そもそも人間性ってなんだよ何でネズミが落とすんだよ話はそこからだろ


78:
>>76
あのネズミ人食ってるじゃん


79:
>>76
人以外が落とす場合は人を捕食したと脳内補完してるわ


81:
>>76
人間性がドロップするキャラは3匹
スキュラ(元修道女) 深淵の人間性(そもそもの人間性) 後はネズミ
ネズミがよく歩いてる付近には真っ白い人間が落ちてたりする
つまりなんでなのかは勝手に想像していけ


127:
闇ルートで成し遂げたら最初の火以前の差異なき時代に戻れるんだと思ってたわ
じゃあマジであいつら何がしたいんだ


131:
>>127
火の無い時代を作ることにより神のソウルが力を失い小人が持つ強大化した力ダークソウルの力によって小人の王が世界を統べる


134:
>>131
闇の力で支配階級になりかわれるもんなんかな実際
廃人みたいな不死者ばっかで新しい秩序なんか無理だろうと思ってたから神の秩序ぶっ壊して古竜の時代に戻ろうとしてんだとおもってた


引用元:http:2ch.sc